体内の活性化を促進するアルギニン

      2017/07/28

最近寝ても寝ても全く疲れが取れない・起きた直後に疲労感に襲われてしまう・・・・・・ある程度の年齢になってくるとこんな悩みを抱える方が多いですよね。

若くなりたいのに実態は若くなるどころか、どんどん年老いていく自分の体を見るといたたまれない気持ちになりますよね。

疲労感を感じるのは食生活が原因!?

冬場よりも夏場の方が疲労感を感じる方が多い様ですが理由は食生活ではないでしょうか?

食生活がどの様に変わるのかといったら食欲が落ちてしまうためサラッと食すことができる様な食事無い様にシフトチェンジされますよね。

人間が夏場でもサラッと食べることができるという食事は体を冷やしてしまう様な内容のモノが多い様な気がしませんか?

そうめんやサラダやかき氷や冷たい飲み物全般が体を冷やしてしまう様な食材です。

暑さを凌ぐ為に室内ではクーラーがガンガンかかっていますよね。

カラダを中からも外からも冷やしてしまうのが夏場です。

そういった環境ですから体内の熱は急激に下がりどうしても普段の体内活動を鈍くしてしまいます。

すると代謝もガクッと落ち皮下脂肪やアンモニアなど身体の外に出なくてはいけない様な物質が体内に留まってしまいがちになってしまうのです。

カラダにとって害のあるモノが体内に留まってしまうということはそれだけカラダにとって悪影響をもたらしてしまうという事は想像つきますよね。

血流が極めて悪くなってしまうわけですから、高血圧、メタボリックシンドローム、糖尿病、心筋梗塞、ED(勃起不全)などなど色んな問題が体の中で起こってきてしまいます。

体内の活性化を促進するアルギニン

解決するためには有害物質を体外に出すという事が必要です。そのためには体の中の代謝を高める必要があります。

代謝が高まれば血中も活発化して悪い物質を外に出す働きが活性化します。疲労などの原因にもなったアンモニアなども排出される事でしょう。

こういった体内の活性化を促進してくれるのがアルギニンという栄養分です。高濃度のアミノ酸とも言われているアルギニンは食事からの摂取が極めて難しいです。

しかし人間のカラダの中で成長ホルモンに刺激を与えてくれるような効能が発見されていますので必要不可欠な栄養分なのです。

20代前半までは体の中で必要分のアルギニンを作る事ができるのですが20代後半頃からは自力で摂取することは難しくなってしまうのです。

ですが現代はサプリメントなどで簡単に摂取する事が可能となっています。

コンビニなどでも購入可能となっていますので目標摂取量は3000mgですので目指して摂取を心がけ疲れ知らずの健康を取り戻しましょう。

一日の中でのちょっとした心がけがあなたの健康で活発な生活を約束してくれます。

 - コラム等